<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

予算案と公募案件からみる国のデザイン(1)

2年ほど前に、コンソーシアムを組んで経済産業省のプロジェクトに公募し、幸いに(というか苦労の始まりだったかも)採択されたことがあるのですが、それ以来、各省庁の予算案と公募案件に興味をもって、ときどきチェックしています。

予算策定は、官僚の方々にとっては来年度の自らの仕事をデザインし定義するもの。よく「省庁間の予算のぶんどり合戦」とか揶揄されますが、視点を変えればそれだけどこの役所も渾身の力を注ぐわけで、各省庁あげての英知の結晶ともいえます。

とはいえ一方で、民間でもそうですが、将来のことですから不明確な部分も多々ある。書いている人たちも人間ですから、どんな優秀な人材であっても彼らの処理能力や情報収集範囲に制約されるものです。それだけに、予算資料はいろいろそういう悩みも抱えつつ作成している姿が透けて見えて面白いです。

さて予算の発表資料は、今はタイムリーに各省庁のHPに掲載されています。
各々の省庁で書式をふくめバラバラ。誰が、どんなソフトをつかって作ったのか、そういうことを考えながら見ると、各省庁のITリテラシーも推察できて面白いです。さすがに経済産業省はパワポを駆使していますし、防衛省は実は高いITリテラシーを抑制気味に地味目につくっているんじゃないかと思われるふしもあります。厚労省/文科省/国交省は一旦印字した資料をスキャンしている。最終原稿のファイルは誰のところにあるんだろう(笑)って心配になってしまいます。

次回はもうちょっと中身に入って、僕なりに解説してみようと思います。
とりあえずいくつかの省庁の予算ページを挙げておきますので、もし興味があったら皆さんもざっと見てみてください。

経済産業省

防衛省

総務省

厚生労働省

文部科学省

国土交通省
[PR]
by haruyamablog | 2007-03-13 06:19 | IT