<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

いやはや・・・

毎日ブログが続けられるかな・・・と自信らしきものがついてきたときが危ないものだ。
ふっ、と気が抜けてしまったのか、とうとうちょっと休んでしまった。

土曜日のイベントが無事に大盛会(ということにしておこう!)に終了し、
日曜日は久しぶりにプランニングに没頭する。

おお、本も読まなければ。読もうと思って積んである山が倒れそうだ。
それと明日は、語学講座の講師につれられて、ラップランドから来ているという
若い女性とフィンランド語の会話練習である。

うーん、何を話そうか。文法もざっと復習しておかねば。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-29 23:06 | IT

レポート提出についての障害対応

人材育成について書くはずでしたが、我々が担当する講義の重要インフラであるDWPで
障害が発生してしまって、ヘルプデスク(HITaccess)のスタッフや学生への対応などのために、忙殺されてしまったので次にします。

このブログまで見に来てくれている学生もいるようなので、DWPに掲載した障害報告と
猶予措置の報告をこちらにも転載します。
#このブログは26日の早朝に、前日の分として書いていますので(反則?)、
  以下の報告とブログの掲載時間はずれますのご容赦ください。

--------------------------------------------------------------
件名:障害と現状報告  06/5/26 (金) 6:41

5/25に 数名の学生さんから、

「実践eコマース論/現代経済2Dのコミュニティに参加したが、コンテンツ(スレッドや
コミュニティ)が配信されていない。レポートが提出できない」

という問い合わせをいただきました。

ブラウザの設定を確認いただくことで解決した方もいましたが、HITaccessのスタッフが
確認してもおかしい状態であったため、至急保守契約を締結している開発会社に調査を
依頼し、障害かどうかの判別と原因を調査しました。

調査の結果、2006/05/21 23:48:50にコミュニティのユーザを(コミュニティに参加
した状態で)管理者がアカウント削除したことから、その後に実践eコマース論/現代
経済2Dのコミュニティに参加した学生に対して、2006/05/21 23:48:50以前に
作成されたコンテンツ(スレッドやレポートボックス)が配信されていない障害が発生
していました。このアカウント削除したユーザは、DWP講習のために作成した
テストユーザです。

この状態で対象となるユーザは5/25 20時時点で12名になります。

プログラムの異常と判断し、原因が特定できたため修正ツールの作成を行いました。
念のためDWP全データのバックアップ作業もあわせて、5/29(日)12時ー18時に
メンテナンスを予定しています。

で、ここまで手配して皆さんにこの
「DWP障害報告と改修のための停止、および第3回レポート提出の猶予措置の件」の
スレッドを06/5/25 23:03に作成したところ、これまで未配信だった上記の12名
にも全ての閲覧可能なコンテンツが配信されるようになりました。06/5/26 1時30分
時点で、全員に正しくコンテンツが配信されていることが確認できました。

結果として回復はしていますが、上記の状態がなぜ起きたのかを本日調査します

----------------------------------------

件名:謝罪と対応策 06/5/26 (金) 6:54


まずは、不具合が生じた学生の皆さん、そしてサポートにあたってくれたHITaccessの
スタッフの皆さんに障害が発生し御迷惑をおかけしたことをお詫びします。

対応策としては、以下のように予定します

1. ユーザによって、配信されるべきコンテンツが未配信の状態が発生したことは、この
 システムの信頼にかかわるため、必ず不具合を解決し、修正を早急に実施します。

  昨日の調査で、あるロジックの不整合で配信されなかった事象は特定できていますので
  その修正ツールは作成済みですが、その後スレッド新設で未配信分が配信されるよう
  になった原因が不明なため、それを解決してプログラムを正しく早急に修正します。

  DWPの利用は深夜に集中しているため、29日(日)の日中、12時-18時の間に行います。
  その間DWPを全てバックアップを取得して行うため、一時停止します。
  

2. 5/25期限の第3回講義のレポートボックスについては、田下先生とも相談して
  29日月曜日中まで閲覧可能な状態として猶予期間を設け、ユーザからの提出を
  可能とします。
  
  直接メールでレポートを添付して送付いただいた学生がいらっしゃいますが、
 このようにレポートの期限は猶予を設けますので、再度レポートボックスへの提出を
 お願いします。オンライン上で講師も採点作業も行うため、必ず本人にDWPに
 提出いただく必要があります(270名以上の履修がありますので、紙はもちろん
 メールでもとても対応ができないのです)。

どうぞよろしくお願いします。

-----------------------------------------

深夜までシステムの調査、修正にあたってくれたIさん、本当にありがとう。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-26 23:23 | 大学

IT人材育成プログラム

母校の学生のITリテラシーを向上させよう!というプロジェクトを2年半前からやっているのだけれど、今春からいよいよ後半の「人材育成プログラム」に着手し、学生に適切なIT資格を取得することを奨励しようとしている。

第一弾が先週からスタート。先輩が社長をする会社に相談したら快く協賛していただき、VBAエキスパートのバウチャーを希望する学生に50枚まで配布することに。

学生に告知したら、次々に応募があり、手ごたえを感じている。

今日から2-3回。この話を書こう。まずは宣言ということで。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-24 23:05 | 大学

てんつゆ先生のブログ

毎日読むブログが最近一つ増えた。

題名が

現役産婦人科医てんつゆの しょーもない雑談


最近のお医者さんのブログの中でも、すごく面白い。

今日のてんつゆ先生の学生時代の合コンの思い出ばなしは、これがなんとも自分の学生時代とシンクロして、なんともせつなくって・・・。僕も電車賃なくて後輩から(というのがさらに恥ずかしい)の合コンの誘いを「忙しい」と断った経験がある。あのときの新宿がなんと遠く思えたことか!でもあの当時の貧乏生活は、確かにカネはなかったけど何かサッパリして楽しかったな。

今日はこの辺で。明日までに仕事がぁ・・・。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-23 23:44 | コンテンツ

事業開発プロデューサー

僕は一応、ポリシーとしてこのブログには仕事の話、会社の話は極力書かないようにしているのだけど、今日は特別。(会社や仕事のカテゴリーがないので「その他」)

今勤めているITベンチャーでは、僕は「執行役員営業部長」という肩書きなのだけど、どうも以前から自分の名刺でこれを見るたびにすっきりしない。

気持ちがよくない。

なぜかというと、「営業部長」なんて社内向の役割だよね。会う人(顧客であったり、そうでなかったり)から見ると、「ふうん、この会社では彼が営業しているんだあ。」とか「営業を仕切っているんだあ」と見るだけ。人によっては、「頭の中は売上や利益のことばかりなんじゃないか」って思うかも。投資家とか銀行なら、そういう会社における役割分担が気になるかもしれないけれど、その他大勢の人にとっては、なんのインパクトもない。何も語りかけてこない、つまらない肩書き。

これは僕のポリシーとは違う!

僕はどこで働こうが、どんな部署で働こうが、いや、実は公私のどちらにおいても「企画マン」であり、大小の「事業開発」をやってきたキャリアの人間である。しかもこの2-3年くらいは案件(公私の別なく)ヒット率もかなり上がってきていて、お客さんからも時々、「あなたって営業マンって感じじゃないよね。」とか「どちらかというとプロジェクトの仕掛け人だよね」といわれて、嬉しく思ってきた。

そうなんだ!漠然と自分で目指してきたのは「事業開発プロデューサー」。
#この「プロデューサー」にはこだわりがあるのだけど、それはまた次の機会に。

それなら名刺の肩書きもそうしてしまおう!という風にこの週末に考えて、社内の会議に諮って午前中のうちに肩書きの変更を決めてしまった。突然の話で皆さんポカンとしていたみたい。

 そのまま名刺にプリントした紙を貼り付けて(久しぶりの工作)、名刺の肩書きはとりあえず表だけ「執行役員 事業開発プロデューサー」に。

 このほうが名刺を渡された人にも、僕が何をしてくれそうな(しでかしそうな)人なのかイメージがわきやすいかも。内部向の肩書きをみせらるより、外に向かって語りかける肩書きのほうがずっと面白いはず。それに今の僕ならば看板倒れでもない。より一層、「事業開発プロデューサー」のプロフェッショナルとして精進しよう。

 ということで、さっそく初めて訪問する会社でこの名刺を配る。気分よし。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-22 20:33 | その他

社長TV

いつもブログを拝見している藤野さんの最近のインタビューが

社長TV

にあがっていた。このサイトのほかのコンテンツもなかなか興味深い。
どうも画像がチラつくことがあるのだけど、これは僕のPCのせいかな。

部下のインタビューもあるところが工夫。なんとなくそちらから視聴したくなる。
もちろん、期待するようなツッコミがあるわけないのだけど。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-21 21:42 | その他

Google Trend

インターネット上の注目サービスその2

検索されている語の統計をグラフ化してくれる 

Google Trend


たとえば、「YouTube」と「Skype」がいつ頃から、どれくらい注目されているか(Googleで検索されているか)を見ると、以下のようになる

a0005515_2256362.jpg


面白いねえ!そういえば野口悠紀雄先生の本では、以前からこういう検索ヒット数の推移を脚注にさらりといれていたけれど、そういう世の中の注目度合いがわかるサービスは面白い。トピックスまでつけてくれているところも心憎い。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-20 22:59 | IT

雨が降ると

僕は勤務先では営業担当なので、いつもはスーツ姿。
特に外出の予定がない日はカジュアルで、そういう時は自転車通勤をしている。わずか片道6Kmくらいだけど。

今日もそういう日になるはずだったけど、雨が降ったので断念。
玄関に鎮座している愛車MR-4Fを横目で見ながらメトロの駅に急ぐ。

この週末は天気がよくなるといいな。久しぶりに少し遠くまで走ってみたい気分。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-19 23:18 | 自転車

最近の注目サイト

唐突だけど、最近注目のサイトは

散財.com


僕はもとが銀行員だったので、金融サービスのサイトにはとても興味があるのだけど、
これはかなりショッキングなサービスだった。

つまり、自分の家計簿を公開して、無駄遣いした履歴から自動的にコミュニティができあがっていくSNSサービス。買ったもの(サービス)とか、その値段とかで全体の統計がとられていく。

昔から僕が思っているのは、人の収入(いくらもらうか)には運命的な要素があって、努力とは別に外部的な要因に左右されてしまうのだけど、支出と蓄財(いくらつかうか、いくら貯めるか)には「生き様」の要素が大きいということ。お金を使う行為には、その人の人生と人生観が大きく投影される。

モノとカネの交換という、誰でも必ず標準化された行為だけに、それを起点に様々な物語を生み出すサービスを作り出せる。特化型SNSサービスの中でも急速に伸びつつある(らしい)このサービスに期待したい。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-18 20:40 | IT

なんとか続きそうな気がするブログ

今年の2月10日から、なんとか四苦八苦しながら続けてきたブログだけど、まあ何とか毎日(時には翌朝に前日分を書くのだけど)続きそうな気がする。

マイペースで書ける事を綴っていくスタイルではあるのだけど、このまま続けていくことにしよう。
[PR]
by haruyamablog | 2006-05-17 23:26 | IT