<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ワンセグ携帯その3

ワンセグ携帯持って、新幹線にのりました。
ううむ、途中でチャネルの範囲を2度変えましたが、どうも安定はしないな。
待合室やスタバで見るくらいしか用途はなさそうですが、まあそれでもTVと一緒というのは、見たいときにいつでも見れるという安心感があるというかなんというか・・・・と強がっております。

ただ、携帯でTVを見ながらCMの商品をその場で購入、という昔からある夢物語は、これでいつでもできそうな気がします。こんどはedyアプリを使ってみよう。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-28 21:36 | IT

住所を知らない

年賀状を出さない、メールだけのつながりの友人・知人がずいぶん増えた。
こういう人の住所を僕は知らない。せいぜい知っていて携帯電話の番号なんだけど。

そういう、その人自身のみに依存した連絡先って、いざという時に役に立つのだろうか?
病気や怪我で動けないとか、死んじゃったとか。そういうときに誰かが代わりに連絡をとってくれることが不可能な連絡先、ITが発達してそれしかお互いにもちあわなくなってしまった。

ちょっとゾッとするよね。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-27 21:22 | IT

ワンセグ携帯その2

ワンセグ携帯を買いました。なかなかよいです。宮崎の母に息子の写真をメールで送ってみたり、着うたをダウンロードしたり、いろいろ試しています。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-26 20:50 | IT

映画見に行きました

友人からチケットをいただいたので、最終兵器彼女を見に行った。原作はかなりの人気作品ということは知っていたけど、コミック、アニメ(TV/OVA)ともに見たことがなく、この映画が初めて。白状すると名前にちょっと抵抗あったのだけど、映画自体は学園もの&SFという感じで、VFX ( Visual Effects 視覚効果)も結構すごかったし、ストーリーも楽しめた。苦戦が伝えられているけれど、渋谷の映画館はそれなりに人が入っていました。

 基本的に僕は学園ものもSFも好きです。荒唐無稽の設定も、前田窪塚という若手のぎこちない演技も、「これからがんばっていい俳優になれよ!」って気持ちで温かく見てしまう。あの薬師丸ひろ子だって、原田知世だって、浅野忠信だって学園ものから始まったのだから。

ところで、僕のような宇宙戦艦ヤマトや、ファーストガンダム、マクロス世代から、エヴァンゲリオン、そして最終兵器彼女という流れを強引に俯瞰すると、なんというか以前は戦士の心の支えだったヒロインが、自ら操縦桿を握って戦士となって、ついにはヒロイン自身が最終兵器になってしまうという、一種の定向進化を見るかのような気がする。どこまでいこうとしているのだろうか。それとも行き着くところまで来てしまったのか。

 一方で、美少女にメカニックを組み込んでしまうという、僕らの世代ではたぶん抵抗があってできなかったであろう融合(これも定向進化かもしれないが)を、グロテスクにならず美しく切なく描いているところは、新しい世代の作品なんだなあと思う。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-25 04:41 | コンテンツ

祝 トリノ五輪の金メダル

オリンピックはとてもゆっくり見る暇がないのだけど、フィギュアスケートで荒川静香選手が金メダルをとったのは感激だった。あらゆるオリンピックの競技の中でも、もっとも美しく優雅だなあとしみじみ。そこで日本の選手の層が厚いのは、なんとなくうれしかったりして。

親友のお嬢さんがフィギュアスケートを本格的にされているのだけど、荒川・村主・安藤、そして年齢制限で行けなかった浅田といった選手にあこがれる子供たちが多いはず。きっとあのニヒルな奴も家族と一緒になって、テレビ(確か彼の家では普段はテレビはみなかったはず?)にかじりついて、もしかすると涙なんか浮かべて感動しているだろうと思うと、ちょっとニンマリ。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-24 07:27 | 友達

フィンランド語・サーミ語を再度勉強しよう!

かもめ食堂と同じ時期に公開される、ククーシュカという、ロシアの映画なんだけどラップランドを舞台にした映画があることを知った。予告編をみると、戦争とラップランドの自然のコントラスト、そしてフィンランド語、サーミ語、ロシア語それぞれしか話せない3人の共同生活でのトンチンカンな会話が魅力をそそる。

この映画も見に行こう。ああ、もう一度フィンランドに、ラップランドに行きたい!十数年ぶりだけど、またフィンランド語とサーミ語を勉強したくなった。なんというか猛烈になってしまった。

ようし、今年は自転車とフィンランド語だ。あと3月からの月1回の合気道部のOB稽古で自分をとりもどそう。十数年のブランクは、きっとまだ何とかなるはず。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-23 05:22 | フィンランド

初心者本

自転車に興味がでてきて、気になるとすぐ本を買ってしまう。
ツーキニストの友人の出した本はなんと全部そろえてしまった!こんど飲む時はおごってもらわねば(笑)。特にこの初心者本はよくできています。ちゃんと彼らしい温かい反骨精神(「愛」ともいう)がもりこまれて、いいテイストに仕上がっていると思います。教科書代わりにどうぞ。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-22 07:47 | 自転車

ワンセグ携帯続き

ワンセグと書くだけで、このブログのヒット数がいつもの倍になってしまった。すごいねえ!

ところで、「いつ地上波デジタル放送を携帯でみるか?」という話題が同僚とあって、営業の僕はやはり出張中の新幹線の中で使えるかどうか知りたいなあと思っていたら、さっそく記事を教えてもらった。

うむうむ、使える!業務用のPHSを別に持っておけば電池が切れても致命的なことにはならないはずだし。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-21 08:31 | IT

ワンセグ携帯欲しいな

昨日、会社に行ったら同僚がワンセグ携帯を持ってきていました。

地上波の写りはかなりいいですね。携帯電話と放送、音楽との融合、なんかついに「未来の端末」がでてきたようで楽しくなります。あと、モバイルSuicaもそろそろ体験してみたいし。これまで携帯電話ではメールすらなんとなく抵抗があったのですが、それも含めて今回はさすがに欲しいと思いました。

2万円ちょっとらしいから、買おうかな・・・
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-20 08:36 | IT

友人の結婚

昨夜は日ごろ研究会で大変お世話になっている友人の結婚式の2次会に行ってきました。
彼は僕よりちょうど10歳若いこと、また集まった人たちもベンチャー系、IT系の人たちが多いせいか、すごく熱気に溢れていました。新郎みずからサックスを吹いてのジャズ演奏や、仲間からのいろいろパフォーマンスもあり、とてもよい雰囲気の会だったと思います。

そういえば僕も彼と同じ年齢で結婚したんだった、と自分のことを思い出しました。

さてさて今日も作業に励もう!夜の映画はちょっと無理だな・・・残念。
[PR]
by haruyamablog | 2006-02-19 09:23 | 友達