転職します

この4月末で、5年間在籍した会社を退職することになりました。

 セキュリティやリッチコンテンツの扱いに特徴のある協業ソフトウェア製品を開発していて、既存市場がなかったこともあって、新しい使い方、企画を提案しながら販売する必要があったので、これまで様々な事業開発をITベンチャーの立場から仕掛けてきました。これはこれで大変面白かった。会社も黒字になり、大きくなってきました。

 でも、システム販売、導入を前提としてのプロデュースには限界を感じていました。ITで新しいサービスが描ける時代になるほどに、目の前の技術や製品にとらわれずに、もっとユーザ側の視点に立って新しいWebビジネスやヘルスケア、金融など大規模な産業や社会のインフラとなるITサービスの事業開発/再構築のプロデュースを、もっと中長期の視点でじっくり手がけたいという思いが強くなりました。IT業界やベンチャーの肉食動物的な発想に自分がどーもあわないと感じだしました。

そうだな、だいたい1年半くらい前から。

 それで、昨年の春からまずは自分の定義をして、「僕は事業開発のプロフェッショナルになろう!」って。名刺の肩書きにも「事業開発プロデューサ」と刷り込みました。

 そしてこの5月から、縁あって新しいチャレンジの場に行くことになりました。

 新しい職場は、ひと言で言えば「知性的な草食動物の群れ」の雰囲気をもつところです。マーケティングリサーチのパネルインフラ構築・運用に特徴を持つ会社で、そこで新規事業の開発とインキュベートを担当します。黒子の業界ですが、消費財をはじめ多種多様な商品コードのマスタと多数のモニターを持ち、統計データの収集・加工技術でITを活用して価値をつくりだす、面白いポジショニングに興味を持っています。本社オフィスは秋葉原。

 ここでこれから、いろんな事業をつくっていきたいと思っています。

お世話になった皆様にはこの連休中に挨拶のメールを送ろうと思いますが、まずはご報告まで。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 
[PR]
by haruyamablog | 2007-04-28 06:42 | その他
<< グラデュエーション デイ 予算案と公募案件からみる国のデ... >>