千代田区は子育てによかったという話(その1)

昨年の10月末に横浜から半蔵門駅の近くに引越した。

引越しの理由は、それまで住んでいた青葉台もとてもよかったのだけど、諸々事情があって夫婦ともに至急職住接近の必要に迫られたから。

家内が当時通う池袋と、私が通う江戸川橋に各々近い場所というと、もちろんいろんな選択肢があったのだけど、それをキュッと狭めたのが子供(当時5歳)の保育園。認可保育園で5歳児を11月から転入で預かってもらえるところはほとんどなく、やっと見つけたのが半蔵門の近くだった。

それから賃貸マンション探し。全般的にこのあたりは高い!けれどもよく探すと古いマンションが多いので条件交渉はしやすく、1月からは越境入学の入れ替わりでタイトになるそうだけど、10月は空いているらしく、ほとんどの物件が礼金を下げてくれた。まあそれでも高かったけど、駐車場を諦めて車を手放し、とにかく子育てと共働きの環境を整えるため引越した。

それからまもなく1年になる。子供は保育園を卒園し、小学校に通うようになった。

実感するのは、千代田区は予想以上に子育てにおけるパフォーマンスがよいということ。
そろそろ出勤なのだけど、そんなことをつらつら今日の夜に書いてみよう。
[PR]
by haruyamablog | 2006-09-14 08:22 | 地元
<< 千代田区は子育てによかったとい... 旧作の日本沈没をみて >>