ブログ引っ越しました!

転職を機に、ブログを引っ越しました。
これまでの記事もそのまま残しておきますが、今後はこちらに書いていきます。

mixi、GREEも設定を変えなければ・・・
[PR]
# by haruyamablog | 2007-05-04 09:16 | その他

グラデュエーション デイ

新しい職場に行くまでにぜひよんでおきたい、再読しておきたい本が何冊かあって、
昨日はさっそくその一冊を読むことができました。

グラデュエーション デイ


先日、先輩から素敵な出版記念パーティにご招待いただきまして、そこでいただいたのですが、すぐ家内が僕からとりあげて持っていってしまったのと、退職間際でバタバタしていたため、そのままになっていました。

読み出したら一気に読み通してしまいました。卒業式の講演というのは、記念すべき日を迎えた聴衆に影響されて、話すほうもやや高揚しているところがあるのでしょう。普通の講演よりもちょっと話が散りがちな傾向がある気がしましたが、それが臨場感にもなって、その当時の時代とその場の雰囲気を伝えてくれました。

ティム・オライリー、ルーカス、スピルバーグ、そして序文で先輩も挙げていた、ベン・コーエンのメッセージはとても印象的でした。そのなかでも僕にとって一番インパクトがあったのは、スティングのメッセージです。ちょうど、知人の音楽大学の学生さんが2人、この春に卒業して各々演奏家の道を歩み始めました。その一人は5月からフィンランドに留学するそうです。スティングのメッセージを彼女たちにプレゼントしたいと思って、先ほどamazonでこの本を注文をしました。

印象に残ったメッセージはもちろんですが、受けとめ損ねたかもしれないメッセージもあるような気がしますから、実際に講演の録音を聞いてみたくなります。また、24の講演は各々大学も時代も様々ですから、これらをソートして、それぞれの時代や大学、地域の雰囲気をもっと深堀りしたい欲求にもかられます。

パーティの席でも話題になっていましたが、日本では大学の卒業式に、こういう著名な社会人に講演をしてもらう風潮はあまり一般的ではないようです。確かに母校でも入学式では毎年講演がありましたが(と、ここで今年を確認したら、なんと合気道部の先輩が講演されていた!)、卒業式はありませんでした。

入学式の講演も素敵なのですが、Entrance ceremony dayでは、本にはならないなあ。日本で同じような講演録が出せないのは残念な気がします。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-04-29 10:34 |

転職します

この4月末で、5年間在籍した会社を退職することになりました。

 セキュリティやリッチコンテンツの扱いに特徴のある協業ソフトウェア製品を開発していて、既存市場がなかったこともあって、新しい使い方、企画を提案しながら販売する必要があったので、これまで様々な事業開発をITベンチャーの立場から仕掛けてきました。これはこれで大変面白かった。会社も黒字になり、大きくなってきました。

 でも、システム販売、導入を前提としてのプロデュースには限界を感じていました。ITで新しいサービスが描ける時代になるほどに、目の前の技術や製品にとらわれずに、もっとユーザ側の視点に立って新しいWebビジネスやヘルスケア、金融など大規模な産業や社会のインフラとなるITサービスの事業開発/再構築のプロデュースを、もっと中長期の視点でじっくり手がけたいという思いが強くなりました。IT業界やベンチャーの肉食動物的な発想に自分がどーもあわないと感じだしました。

そうだな、だいたい1年半くらい前から。

 それで、昨年の春からまずは自分の定義をして、「僕は事業開発のプロフェッショナルになろう!」って。名刺の肩書きにも「事業開発プロデューサ」と刷り込みました。

 そしてこの5月から、縁あって新しいチャレンジの場に行くことになりました。

 新しい職場は、ひと言で言えば「知性的な草食動物の群れ」の雰囲気をもつところです。マーケティングリサーチのパネルインフラ構築・運用に特徴を持つ会社で、そこで新規事業の開発とインキュベートを担当します。黒子の業界ですが、消費財をはじめ多種多様な商品コードのマスタと多数のモニターを持ち、統計データの収集・加工技術でITを活用して価値をつくりだす、面白いポジショニングに興味を持っています。本社オフィスは秋葉原。

 ここでこれから、いろんな事業をつくっていきたいと思っています。

お世話になった皆様にはこの連休中に挨拶のメールを送ろうと思いますが、まずはご報告まで。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 
[PR]
# by haruyamablog | 2007-04-28 06:42 | その他

予算案と公募案件からみる国のデザイン(ちょっと休憩)

このテーマでいろいろ書こうと思って調べていたのですが、結構面白くて拡散してしまいました。
公私においてもバタバタしてしまったので、このテーマはちょっと休憩します。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-04-25 08:36 | IT

予算案と公募案件からみる国のデザイン(1)

2年ほど前に、コンソーシアムを組んで経済産業省のプロジェクトに公募し、幸いに(というか苦労の始まりだったかも)採択されたことがあるのですが、それ以来、各省庁の予算案と公募案件に興味をもって、ときどきチェックしています。

予算策定は、官僚の方々にとっては来年度の自らの仕事をデザインし定義するもの。よく「省庁間の予算のぶんどり合戦」とか揶揄されますが、視点を変えればそれだけどこの役所も渾身の力を注ぐわけで、各省庁あげての英知の結晶ともいえます。

とはいえ一方で、民間でもそうですが、将来のことですから不明確な部分も多々ある。書いている人たちも人間ですから、どんな優秀な人材であっても彼らの処理能力や情報収集範囲に制約されるものです。それだけに、予算資料はいろいろそういう悩みも抱えつつ作成している姿が透けて見えて面白いです。

さて予算の発表資料は、今はタイムリーに各省庁のHPに掲載されています。
各々の省庁で書式をふくめバラバラ。誰が、どんなソフトをつかって作ったのか、そういうことを考えながら見ると、各省庁のITリテラシーも推察できて面白いです。さすがに経済産業省はパワポを駆使していますし、防衛省は実は高いITリテラシーを抑制気味に地味目につくっているんじゃないかと思われるふしもあります。厚労省/文科省/国交省は一旦印字した資料をスキャンしている。最終原稿のファイルは誰のところにあるんだろう(笑)って心配になってしまいます。

次回はもうちょっと中身に入って、僕なりに解説してみようと思います。
とりあえずいくつかの省庁の予算ページを挙げておきますので、もし興味があったら皆さんもざっと見てみてください。

経済産業省

防衛省

総務省

厚生労働省

文部科学省

国土交通省
[PR]
# by haruyamablog | 2007-03-13 06:19 | IT

Dr.Pepper

2月初旬のIT経営者の研究会の席で、Dr.Pepperがネットベンチャーやプログラマに好まれるという話が出ていました。

知人の会社では、社長が大のDr.Pepper好きで、社員が無償で飲めるようにオフィスに自販機まで置いているとか(笑)。

Dr.Pepperは好き嫌いがハッキリわかれる味だと思います。特に日本では苦手な人が多いんじゃないかな。僕もたしか中学時代につい買ってしまって、独特な味に驚いて、のどが渇いていたのに最後まで飲みきれなかったことがあります。

知人によると、「マシンの気持ちがわかる」人ほどDr.Pepperが好きで、「人間の気持ちがわかる」人ほど苦手なんじゃないか、とのこと。彼の会社ではその自販機との距離が、エンジニアの志向性を表すみたいだそうです。なかなか面白い分析かもしれません。

「そもそも、日本でまだ売っていたっけ?」ということをいう人もいました。そういえばコンビニでも全く見かけません。でもちゃんとまだ販売していて、コカコーラの流通ルートで入手できるそうです。



昨日、六本木ヒルズの森美術館に「笑い展」を子供をつれて見に行ってきました。結構盛りだくさんの作品が出展されていて歩き回ったせいか、子供が喉が渇いたというのでお茶でも買おうかと3Fで自販機を探したら、そこにDr.Pepperを見つけました。

う~む、さすが六本木ヒルズ!

つい買って、数十年ぶりに飲んでみました。飲みきれなかった昔と同じ独特な味も、「なるほど複数のフルーツフレーバーをぶち込みすぎるとこういう味付けになってしまうんだな」と冷静に興味深く味わうことができました(もちろん最後まで飲みました)。


帰宅してググッてみると、Dr.Pepperの熱烈なファンサイトがいくつか見つかります。

そのなかの一つ、ドクターペッパー倶楽部
を読みました。

>日本の文化と歴史の中に、劇的なほどのインパクトで、
>さながら黒船の如く、DPは上陸してきました。
>黒船の場合は、四杯を必要としましたが、
>DPは最初の一口から、恐ろしいほどの濃度で文明開化を知らしめることとなりました。


というくだりが笑えます。
その他も、「温めてホットで飲む」とか、「火にかけると爆発した」(動画)とか、マニアックなコンテンツが一杯あります。

それにしてもドラッグストアの店員が、恋人を思いながら23種類ものフルーツフレーバーをブレンドした新しい飲料をつくった・・・というエピソードは、冷静に読むと強烈です(笑)。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-02-12 07:41 | IT

風邪

金曜日の夜から少し悪寒がして、「とことん飲もう!」と決意して参加した飲み会も早々に中座してしまいました。土曜日はそれでもなんとかもったのですが、今日になってすっかり風邪でダウン。寒空を半袖で遊びまわる息子の相手を昼に神宮の児童遊園につれていって、さらに夜の温水プールまで付き合ったのが、ラストストローになったみたいです。
#そういえば、土曜日はフウフウいいながら、そのほかにもかなりいろいろ溜まっていた家事をやりました。
  
  まずは玄関に自転車スタンドを設置。いつも家族の自転車が3台置いてあって、手狭で煩雑になっていた玄関をすっきりとさせることに一応成功しました。

a0005515_1922679.jpg


  それと、子供がベランダに放置していた朝顔の抜けた鉢などをまとめて、100円ショップでプランターと土を購入して息子と一緒に二十日大根とレタスを植えました。最近は野菜や花の種を売っているところを探すのが一苦労ですね。近所では全く見つからず、宮崎の母から送ってもらいました。友人によると東急ハンズあたりまで行かないと入手できないとか。

a0005515_1923287.jpg


土曜日はこんなことをやっていたから、風邪がなおるどころかこじらせてしまったのかもしれません。

今日はそういうわけでずっと終日寝ていましたが、病気に慣れていないせいか(?)、どうも落ち着かない。先週購入した本を読もうと手に取ったのですが、短文のエッセイくらいしか集中力が続かない。尊敬する先輩のブログで推薦されていた「証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち」を、ちょうど半分読んだところだったので、この週末で読み終えたかったのですが、フラフラして集中できないようです。断念してとりあえず、「ひねもすパイプのけむり」「晴れてもパイプのけむり」を読んでいました。

明日から仕事なんだけど、回復できるだろうか?明日までにやっておかねばならない作業もあるのですが・・・。とりあえず風邪薬を飲んでみて、また寝ることにします。
#でも「華麗なる一族」はみてしまいそうです。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-01-14 19:35 | その他

チャレンジ! IKEA (報告)

報告が遅れているうちに1週間たってしまいました。

さて、IKEA初体験ですが、なかなか面白かったです。
けっこう在庫も戻ってきていて、今からならオフィス家具なども十分に揃うみたい。

相変わらずたくさんの人が来ていました。
託児ルームが充実しているのは助かりますね。
それに、まるで荷物をあずけるように導線上の最初のところにあるのが、よく考えているものだと感心しました。通常デパートなどの託児ルームは、探さないとどこにあるかわからないほど隅におかれていますから。

スウェーデンレストランは、いかにも北欧料理という肉団子とジャガイモ、ジャム付のプレート、
サーモンマリネなどがあり、スウェーデンビールも飲めました。とびきり美味というわけではなく、まあちょっと雰囲気のあるファーストフードという感じでしょうか。

実際の家具については、種類もかなり豊富で安く、まとめて揃えたくなる雰囲気があります。
でもマンション住まいにはちょっと一つ一つが大きいかな。これはIKEAに限ったことではないですが、家具を見に来ると「もっと広いところに住まなければ」というプレッシャーを感じます。

で、ソファーベッドと本棚などを物色したのですが、結局は台所用マットと洗濯ばさみを買って帰りました。だいたい仕組もわかったし、わりと近い(乗り継いで片道40分弱)ということもわかったので、これからも時々行って見ようと思います。荷物を考えなければ自転車でもいいかも。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-01-13 09:23 | その他

チャレンジ! IKEA

今日は、これからIKEAに行こうと思っています。

感想はまた後ほど。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-01-07 08:31 | その他

年末年始にやったこと

今年からブログを「です・ます」調で書きます。
なんとなくその方が書きやすい気がするので。

さて、僕は昨日5日から仕事始めでした。
4日からメールが飛び交うので、自宅で少し作業はしたのですが、この2日間は頭の中の整理やリハビリにはちょうどよい感じでした。世間でもこの連休で正月気分も払拭ということでしょうか。

さて、年末年始は宮崎に帰省して、地元で会計士をしている友人と会って、1日には東京にもどってきて読書をしたり映画をみたりしていました。


読書は、実家の本棚にのこっていた中学時代に読んだ文庫本から、
大好きだった團伊玖磨さんの「パイプのけむり」シリーズを読んだ。
僕は中学時代にませていたんだなあ・・・40歳になった今読んでもけっこう歯ごたえあり。
面白かったので5,6冊東京にも持ち帰った。そういえば高校で生徒会をするようになって、忙しくなって続編を読むのをやめてしまったのだけど、その後このシリーズは2000年のアサヒグラフ休刊まで続いたそうです。当時は文庫版しか小遣いで買えなかったけど、今年はあらためて全集を揃えてみようと思います。

あと、この年末に見た映画は以下のとおり。

  LIMIT OF LOVE 海猿

  M:i:III

  ダビンチコード

いずれも残念ながら上映時に見逃した人気作品。
まとめてみることができて満足しました。
[PR]
# by haruyamablog | 2007-01-06 09:04 | その他